住居を決める|快適な暮らしを手に入れるための不動産探しのノウハウを紹介します

快適な暮らしを手に入れるための不動産探しのノウハウを紹介します

一軒家

住居を決める

模型

工夫することで得られるメリット

不動産の中でも賃貸住宅はその時代とともに変わっていきます。戦後から20年ぐらい経過した頃は資材も増えだして少しずつ賃貸不動産物件が増えていきました。それでも都心部は相変わらず物価が上昇しており、トイレや洗い場などが共同のワンルームの部屋がたくさんありました。 やがて、プライバシーを重視するような時代になると、賃貸不動産でも一部屋ごとにトイレとバス、キッチンが分離した形のものが増え、今に至っています。 バブルが崩壊すると、志木では賃貸住宅も空家が増えていきます。借主としてはできるだけ家賃が安い住宅で志木に住みたいにもかかわらず家賃がバブルの頃と大して変わらないからです。そこで新たに出てきたのはシェア住居という賃貸不動産の形態です。共通点がない住人が一つの家に住むことですが、20代を中心に広まっているといいます。

現在のトレンドはソーシャルアパートメント

シェア住居は、かつてのようにキッチンや風呂、トイレは共同でまるで戦後に戻ったような感覚ですが、大きな違いは広々とした空間を共有して使えることです。ホテルのロビーみたいなイメージで、それよりもさらに家庭的にした感じのものが志木でも増えています。このシェア住居は家賃の負担が少ないのが注目されており、主に不動産価格の高い都心部で人気があります。ただ、シェア住居に対してさらに形を変えたソーシャルアパートメントも注目されています。シェアアパートメントは各自ワンルームの部屋があり、そこには必要な家具や電化製品が備え付けられており、トイレやキッチン、シャワーは共同です。何より特徴と言えるのが10畳ほどスペースがあるおしゃれなキッチンやミニシアターが付いている不動産が志木にもあり、イメージ的には毎日新しいビジネスホテルに宿泊するような感じだと思えば間違いありません。